野生のニホンミツバチが入居しました!

前回、養蜂家から分けてもらったニホンミツバチの入居に加え、なんと野生のニホンミツバチが自然に巣箱に入居しました!

ここ数年、野生のニホンミツバチの分封を狙って、いろんな箇所に巣箱を設置していたものの、入居には至らず閑古鳥が鳴いていました。

それがなんと野生のミツバチ自ら、自然に入居してくれたのです!

入居時に居合わせた家族によると、ミツバチの羽音がまるで暴走族のバイクのように鳴り響いていたそうです。

***

巣箱には、後ろ脚に花粉ダンゴを付けて戻ってくるミツバチが見られるようになりました。

ミツバチは本当に働き者で、30秒に1度くらいはこの花粉ダンゴ・ミツバチが戻ってきます。

花粉ダンゴを付けたミツバチが巣箱に戻ったところ。

ちょうど今、咲いている山椒の花にはたくさんのニホンミツバチが群がっています。

特定の花から蜜を集めるセイヨウミツバチとは異なり、ニホンミツバチの蜂蜜はいろんな花から蜜を集める百花蜜(ひゃっかみつ)ですが、我が家の蜂蜜は、山椒がピリリときいた蜂蜜になるかもしれません。

山椒の花の蜜を集めるニホンミツバチ。

カモミールもちょうど花が咲き始めましたが、こちらには思ったほどミツバチが来ていません。

カモミールの花。

その代わり、テントウムシが来ていました。

カモミールの葉にとまるテントウムシ。

午後になり、気温が高くなると、巣箱の入り口で羽を震わせているミツバチが出てきました。

巣箱の入り口で羽を震わせるミツバチ。

巣箱の温度を下げるための涙ぐましい努力ですが、こんなので本当に効果があるのでしょうか?

***

現在空き家のもう1つの巣箱には、他のミツバチより黒っぽい探索蜂が偵察に来ています。

巣箱の前には、ニホンミツバチを誘引するフェロモンを出すと言われているキンリョウヘンの花を置いています。

果たしてこちらの巣箱にも入居してくれるでしょうか。。。

空き家の巣箱に探索蜂が来ているところ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。