四代目徳次郎の日光天然氷を使ったかき氷を食べに千葉県我孫子市の吉岡茶房に行きました

千葉県我孫子(あびこ)市のカフェ、吉岡茶房のかき氷を食べに行きました。

場所は、手賀沼ふれあいライン沿いのスーパー、カスミのお向かい、パン屋さん「cotton field(コットンフィールド)」のお隣です。

店内はこじんまりとしているけれども、木のテーブルや椅子がほっこりと落ち着いた雰囲気です。

梅雨の晴れ間の平日に行ってきたので、比較的空いていましたが、かき氷の時期の土日は外で待つ人がいるほど人気のお店です。

訪問時のかき氷の種類は、濃厚玉露金時、極みほうじ茶、カフェオレ、黒蜜きなこ、生いちごミルク、メロン(市販のシロップ)の6種類。

シロップの種類は、時期によって変わるようです。

普通サイズに加えて、100円引きのハーフサイズがあるのが嬉しいポイントです。

以前に黒蜜きなこを食べたことがあるので、今回は生いちごミルクのハーフサイズ(税込880円)を注文しました。

吉岡茶房のかき氷は、四代目徳次郎の日光天然氷を使っており、口当たりがさらっとして柔らかいかき氷です。

生いちごミルクは、かき氷の上に甘いミルクがかかり、その上にいちごのプリザーブ(ジャムのように果物の形を潰さず、果実の形を残した砂糖煮)がトッピングされています。

また、表面からは見えませんが、かき氷の底にもいちごのシロップが入っています。

いちごは、お隣、柏市のそのべ農園のいちごを使用しています。

いちごのプリザーブはいちごがまるっと入っているので贅沢な味わいです。

ミルクといちごのシロップの甘みもちょうどよく、サクサクと食べられます。

中盤はシロップやミルクがかかっていないところがあるので、さらに贅沢を求めるのであれば、追加のシロップや追いミルク(各100円)を注文した方が良いかもしれません。

 

訪問時は、梅雨の晴れ間で蒸し暑い日でしたが、お腹を冷やしやすいたちなので、ハーフサイズでちょうど良かったです。

ぜひまた再訪して他のかき氷も食べてみたいと思います。

 

吉岡茶房

住所 :270-1147 千葉県我孫子市若松170-4
電話番号:04-7107-0800
営業時間:8:00~18:00
定休日 :平日11:00~19:00(LO18:30) 週末11:00~20:00 定休日 月曜日(祝日の場合翌火曜日)
URL :https://yoshioka-shoten44.com/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。