北海道旅行 2日目 登別

北海道旅行2日目は、ホテルで朝食をいただいた後、まずはサイロ展望台に向かいます。

サイロ展望台からの洞爺湖の眺め

朝一番のサイロ展望台からの眺めは、墨絵のように幻想的な景色でした。

施設内にサイロの建物がありますが、中には入れませんでした。

サイロ展望台のサイロ。

次は、レークヒル・ファームという牧場に向かいます。

ここのカフェでは、牧場の新鮮な牛乳やジェラートを味わうことができます。

訪問時は10月だったため、ハロウィンのかぼちゃが飾ってあります。

レークヒル・ファーム。

レークヒル・ファームの庭には、10月なのにまだヒマワリが咲いています。

レークヒル・ファームの庭。

やぎものんびりしていて気持ち良さそうです。遠くに見えるのは、羊蹄山でしょうか。

レイクヒル・ファームのやぎ。

 

お次は、車でオロフレ峠を越えて、登別(のぼりべつ)に向かいます。

オロフレ峠は、紅葉の名所ですが、訪れた時は残念ながらすでに紅葉は終わっていて、葉がすっかり落ちた後でした。

オロフレ峠。

 

登別は、全国でも有数の温泉地です。

地獄谷からは絶え間なく、湯気が立ちのぼり、いかにも温泉地という風景です。

周辺は遊歩道が整備されているので、軽いトレッキングを楽しむことができます。

登別地獄谷。

地獄谷の崖の上には、鹿の家族がいました。こんなに身近に野生動物を見ることができるなんて、さすが北海道です。

崖の上に鹿がいます。

地獄谷周辺の遊歩道を散策していると、大湯沼川天然足湯にたどり着きました。

ここでは、大湯沼からあふれ出した湯が川になって流れており、天然の足湯を楽しむことができます。

大湯沼川天然足湯。
大湯沼川。湯が滝になって流れています。
大湯沼。

 

地獄谷は紅葉真っ盛りでした。色とりどりに色づいた葉がとてもきれいです。

地獄谷は紅葉真っ盛り。

 

地獄谷周辺を一通り散策した後は、本日の宿に向かいます。

本日の宿は、地獄谷から車で15分ほどのところにある、登別カルルス温泉の“森の湯 山静館(さんせいかん)”。

森の湯 山静館

登別の観光地から少し離れたところにあるので、人も少なく、ひっそりとしていて落ち着くことができます。

宿の周辺も紅葉真っ盛りでした。

部屋からも紅葉で色づく木々を眺めることができます。

山静館の部屋からの眺め。

夕食は、どちらかというと少食なので、女性やご年配の方におすすめの少量コースを選びました。

料理は新鮮な魚介類が盛りだくさんで、どれもおいしくいただき、お腹いっぱいになりました。

宿の夕食。

宿には満天の星空を楽しめる源泉掛け流しの露天風呂があり、とても気持ちよかったです。

山静館の露天風呂。

登別カルルス温泉【 山静館-さんせいかん】~源泉掛け流しの宿~

旅行日:2018年10月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。