レンジで簡単!バジルとオレガノ、ローズマリーのハーブチキンの作り方

昨年の夏に収穫し、乾燥させたバジルとオレガノ、今年の春に剪定したローズマリーでハーブチキンを作りました。

爽やかで食欲をそそるハーブの香りがするハーブチキンです。

作り方はとても簡単なのでぜひ作ってみてください。

 

材料(2人分)

鶏胸肉 1枚(250g)

ウォッカもしくは日本酒、白ワイン 大さじ1

砂糖 小さじ1

塩 少々

粗挽きこしょう 少々

バジル 小さじ1

オレガノ 小さじ1

ローズマリー 適宜

 

作り方

1. 鶏胸肉はフォークで数カ所、穴を開けます。

2. 鶏胸肉にウォッカ、砂糖、塩、粗挽きこしょう、バジル、オレガノ、ローズマリーをまんべんなく振りかけます。

3. 2の鶏胸肉を食品用のポリ袋に入れ、調味料をよく揉み込み、一晩寝かせます。(袋の空気はできるだけ抜き、調味料をしっかり馴染ませます。)

4.  鶏胸肉を耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをかけ、500Wで6分間、レンジで加熱します。

5. ラップをかけたまま冷めるまでおき、予熱で中まで火を通します。

ハーブチキンはそのままでもおいしいですが、チキンサラダやチキンサンドイッチなどいろいろな料理にも使えます。

冷凍保存できるので、鶏胸肉が安い時に買っておき、作り置きしておくのもおすすめです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。