バジルとオレガノ、セージのハーブソルトを作りました

昨年の夏に収穫したバジルとオレガノ、セージのドライハーブの残りを使って、ハーブソルトを作りました。

フレッシュハーブを使ったハーブソルトよりも日持ちがし、いろんな料理に手軽に使えます。

 

材料 

調味料容器1瓶

塩 調味料容器の約2/3(目分量)

[今回はソサルト モティア サーレ・インテグラーレ・フィーノ(細粒塩)を使用しました]

バジル(ドライ) 小さじ2

オレガノ(ドライ) 小さじ1

セージ(ドライ) 小さじ1

ブラックペッパー(ホール) 小さじ2

 

作り方

1.バジル、オレガノ、セージ、ブラックペッパーは、調味料容器の穴より小さいサイズになるまで、フードプロセッサーまたは包丁でみじん切りにします。

2.塩はフライパンでから炒りし、冷まします。

3.1のハーブ、ブラックペッパーと2の塩を調味料容器の中で混ぜます。

 

フードプロセッサーがあると簡単にできますが、包丁でみじん切りにするとハーブの香りや感触を楽しみながら作ることができます。

ハーブソルトは、肉や魚、野菜、パスタなどいろいろな料理に使用できます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。