ガーデニングや野外フェスでも大活躍!雨の日が待ち遠しくなるおしゃれなレインブーツ(レディース)10選

本格的な梅雨のシーズンが到来する前に、レインブーツを新調してみませんか?

おしゃれなレインブーツがあると、気分が上がり、雨の日も楽しみになります。

おしゃれなレインブーツの中でも、今回は、ガーデニングや野外フェスでも活躍するがっしり系レインブーツ10選をご紹介します。

 

AIGLE(エーグル)

 

クラシックなデザインで根強い人気を誇るフランスのアウトドアブランド、AIGLEのハンティングブーツです。

元々は狩猟用のブーツですが、タウンユースでも人気があります。

筆者は、このレインブーツをガーデニングや畑仕事をする時に履いています。

購入してから3年以上経っていますが、頑丈で品質的には全く問題ないです。

ただし、ふくらはぎ部分がかなりほっそりとしたデザインのため、試着してからのご購入をおすすめします。

 

HUNTER(ハンター)

1856年創業の英国王室御用達ブランド、HUNTERの“ORIGINAL CHELSEA(オリジナルチェルシー)”です。

日本でも洗練されたおしゃれなデザインで人気のレインブーツです。

防水仕様の天然ラバーを使用し、手作業で丁寧に作られています。

色は、ブラック、ダークオリーブ、ミリタリーレッド、ネイビー、ブライトピンクの5色展開です。

 

日本野鳥の会

ゴム長靴専用メーカーとの協力により、お客様アンケートに基いて制作された日本野鳥の会オリジナルのレインブーツです。

バードウォッチングに適した作りで、とても軽く歩きやすいのが人気の秘密。

コンパクトに畳めるので、携帯にも便利です。

野外フェスやガーデニング、タウンユースなど幅広い目的におすすめですが、畑仕事で毎日泥だらけになるような場合は、ゴムの劣化が早いので、消耗品と割り切りが必要です。

 

ミツウマ

ミツウマは、大正8年に創業した北海道小樽市のゴム長靴メーカー。
 
ブランド名通り、三つの馬の顔のロゴが入ったシンプルなデザインのレインブーツです。
 
柔らかいゴムなので、くるくると丸めてコンパクトに持ち運びができます。
 
色は、ブラック、カーキ、ネイビーの3色展開。

 

Coleman(コールマン)

アメリカの人気アウトドア製品ブランド、Colemanのレインブーツです。

すっきりとしたシルエットに落ち着いたダークトーンのカラーで、普段のスタイリングにも合わせやすいデザイン です。

靴底はグリップ力を高めた凸凹形状で、滑りにくくなっています。

長めの丈で水や泥が浸入しにくいので、梅雨の時期や台風、雪などの悪天候な日にはもちろん、アクティブに動きたい野外フェスにもおすすめです。

 

Achilles(アキレス)

アキレスは、明治40年創業の日本のゴム製品メーカー。

工業用ゴム製品のほか、スニーカーやレインシューズなども多数製造しています。

すっきりとしたシルエットに落ち着いた色味のブルーとブラウンの縁取りの2色使いでおしゃれなデザインです。

ジーンズの裾をレインシューズにインして履けるのもうれしいポイントです。

 

moz(モズ)

mozは、北欧スウェーデン生まれの人気ブランドです。

スウェーデンを代表する動物、エルク(ヘラジカ)のモチーフが愛らしく、温かみのあるキャメルの色合いも新鮮です。

ショート丈なので履きやすく、脱ぎ履きしやすいよう、大きめのプルストラップもついています。

柔らかな素材で屈曲性があるので、動きやすく、裏地にはメリヤス生地を使用し、さらさら快適な履き心地です。

 

Sun3San(サンサンサン)

「ふぁ~むブーツ(田植長靴)」の名の通り、田んぼや畑で働く人の快適性にこだわったレインブーツです。

靴底は泥や砂利が挟まらない独自のソールデザインを採用しています。

また田んぼなどのぬかるみでズボッと脱げないように、筒を細めて、ゴムを柔らかく軽くしてフィット感を高めています。

サイドベルトはおしゃれなだけでなく、履き口の幅調節ができるようになっています。

色は、イエロー、グリーン、レッド、ネイビー、オリーブの 5色展開です。

 

CROCS(クロックス)

CROCSは、アメリカ、コロラド州デンバーに本社を置くシューズメーカーです。
 
CROCSのショートレインブーツは、独自開発の「クロスライト™」素材を使い、抗菌性と防臭性に優れ、軽く快適な履き心地です。
 
また、アウトソールにはラバー素材を使用しているので滑りにくく頑丈です。
 
色は、ネイビーとブラックの2色展開。
 
 

コウシンゴム

昭和10年創業の引進ゴムは、宮城県仙台市に本社を置くゴムやビニル製品の製造会社です。
 
業務用の長靴やセイフティーシューズのほか、ガーデニング用やアウトドア用のレインブーツも多数製造しています。
 
写真のレインブーツは、胴部分とソール部分を異なる色にした2色使いのデザインでとてもおしゃれです。
 
色は写真のカーキ+ブラックのほか、グリーン+ブルー、ピンク+ブルー、ブラック+レッド、サックス+ネイビーがあります。

 
 
 
以上、ガーデニングや野外フェスでも活躍するがっしり系おしゃれレインブーツ10選でした。
 
以前はおしゃれなレインブーツというとAIGLEかHUNTER、そして日本野鳥の会の三択という感じでしたが、意外にも日本のメーカーからもたくさんおしゃれなレインブーツを出していることがわかりました。
 
周りの人と差をつけたい、機能性を重視したレインブーツを履きたい、といった方には日本のメーカーのレインブーツが狙い目かもしれません。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。