いちごとワイルドストロベリー、ルバーブのジャム(砂糖控えめ)を作りました

収穫したいちご、ワイルドストロベリーとルバーブを使ってジャムを作りました。

ワイルドストロベリーは1回の収穫量が少ないので、毎回ジップロックに入れ冷凍保存しています。

ルバーブは欧米でよく食べられる4〜6月が旬のタデ科の植物です。

葉柄の部分を食用にしますが、生で食べると強い酸味と渋みがあるため、砂糖を加えてジャムやコンポートにして食べられるのが一般的です。

 

材料

ジャムの瓶 2瓶

いちご、ワイルドストロベリー、ルバーブ 500g

砂糖 100g(いちご、ワイルドストロベリー、ルバーブの合計重量に対して、20%の量)

 

作り方

1.いちごはヘタを取り、ルバーブは1cm幅に切ります。

2.いちご、ワイルドストロベリー、ルバーブに砂糖をまぶし、水分が出るまで1時間ほど置きます。

3.2を鍋に入れ、中火で加熱します。

4.沸騰してきたら火を弱め、アクをすくい取ります。

5.20分ほど煮詰め、ヘラで鍋底をなぞると線ができるくらいになったら火を止めます。

 

6.煮沸消毒した瓶に、5が熱いうちに蓋ギリギリまで入れます。

 

砂糖は控えめですが、いちごの甘みとルバーブの酸味で甘酸っぱいジャムができました。

ジャムはヨーグルトにかけたり、トーストやクラッカーに塗ったりといろんな使い方ができます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。